RSV4 RF

RSV4 RF

価格 : ¥2,680,000 (税込み)

カラー : Replica

RSV4ファクトリーに課せられた使命はただ一つ
「レースでの勝利」

rs4_img01

アプリリアのフラッグシップモデルであるRSV4シリーズは、2009年のデビュー以来、ワールドスーパーバイク選手権において7つものワールドタ イトル獲得し、RSV4 RFデビューイヤーの2015年にはスーパーストック1000のチャンピオンにも輝くなど、スーパースポーツ・バイクとして着実に実績を残してきました。

心臓部であるエンジンには、スーパースポーツ・バイクで初となる65度V型4気筒エンジンを搭載。スーパーバイク直系のパワフルなエンジンは、最新 かつ洗練されたダイナミックコントロール機能である電子制御ライド・バイ・ワイヤ・システムによって制御され、3種類のエンジンマッピング(T:トラック、S:スポーツ、R:レース)から最適なモードを選択することができます。

標準装備されたアプリリアの先端技術の粋であるAPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライドコントロール)は、トラクションコントロール、ウィーリーコントロール、ローンチコントロール、クイックシフトの4種類の機能を備えます。

さらに、RSV4にはレースABS も標準装備されています。洗練されたボッシュ社製9MPユニットが採用されたABSユニットは重量わずか2kgながら、ABS機能の3段階のモードや機能 のキャンセルをインスツルメントパネル上のコントロールメニューから簡単に選択することができます。

レーストラックで培われたこれらの電子制御技術は、一般のライダーにも各自のベストなスタイルを選択できる魅力的なスポーツライドを提供するだけではなく、高い安全性にも寄与します。

  • カンタンお見積り依頼はこちらから
  • FAXでのお問い合わせは 042-454-8594

エンジン

レースこそがアプリリアの遺伝子

<WSBKからサンデーレースまで>

レーシングトラックそしてロードでナンバーワンになるために生まれてきたアプリリア RSV4は、そのスタイルとテクノロジー、そしてパフォーマンスで発表以来、モーターサイクル界を驚かせてきました。量産型スポーツバイクでは初となる 65°V4エンジン、GP250に匹敵するシャーシサイズ、「ライド・バイ・ワイヤ」システム、マルチマップ・エンジン制御に加えアドバンスドABSシス テムは、独自の構造およびスペックの頂点に位置し、秀逸なライダビリティーをさらに一段高める結果をもたらしました。

このモーターサイクルはただ単に最強のマシンを作ろうとしたのではなく、どのレベルのライダーでも車両の性能を最大限発揮させることが出来るように設計されました。全ての選手権で得られた素晴らしい結果は偶然の賜物ではないのです。

そのようなハイスペックのマシンでありながら、アプリリアRSV4 Factory APRC ABSは、ウィリーコントロール、スタート補助機能、8段階もの調整が可能な優れたトラクションコントロールなどの機能を持つAPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)とアドバンスドABSのお陰でバイクの持つポテンシャルを、恐怖感を抱くことなく走りを愉しむことが出来るのです。

完璧なアシスタンス機能はライダーに自信を与え、極限の状況においても最も効率のよいラインを行い、肉体的・精神的にも負担を和らげるのです。

このような最先端の機能を持ったモーターサイクルを生産するということは、マックス・ビアッジがチャンピオ ンを獲得し、ダイナミック・コントロール・プラットフォームを搭載するRSV4Factoryの電子制御を社内開発した、膨大なノウハウを持つアプリリア の優秀さの証明なのです。

64°V4 勝利への方程式

「あなたが全権を与えられるとして、高性能なマシンに最適なエンジンレイアウトを提言するとしたら?」という問いに、エンジニアのクラウディオ・ロンバルディアが出した答えは「洗練された設計と厳選された素材を、そして最先端の電子制御を用いた非常にコンパクトな65°V4エンジン」というものでした。

64°V4 パフォーマンス

rs4_img03

64°V4 コンパクト性

プロトタイプより受け継がれている狭角V型エンジンはGP250レーシングマシン「RSA」でも採用されているレイアウトです。エンジンポテンシャルを犠牲にすることなく車体サイズを小さく抑える事が可能です。これは長年GPに参戦した経験から得た専門知識があるからこその結果で、この異端とも思われるレイアウトをスーパーバイクの世界に投入する事になりました。また、コンパクトなエンジンに合わせ設計されているフレームは前から見ると幅わずか225mmしかありません。通常の4気筒並列エンジンのフレーム幅がおおよそ400mmという事からもこの細さが判って頂けることと思います。

ライドバイワイヤ

完全電子制御のスロットルを採用。スロットルグリップとスロットルバルブの間には直接の接続はありません。スロットルバルブは最新式のデュアルマイクロプロセッサを搭載した専用の電子制御ユニットによってコントロールされます。これによりエンジンの発生するトルク管理を完全に管理下に置くことが可能になりました。

各シリンダーバンクには2つのスロットルボディを作動させる専用のサーボユニットが配置されています。このユニットによって、シリンダーに注入される燃料の量は、それぞれのバンクごとに独立してコントロールすることが可能になりました。アプリリアによってテストされてきたこの機構は、これまでパワフルなエンジンには一度も用いられたことがないものです。パワーデリバリーの制御について無限の可能性を開く技術です。

3種類のマッピング

ハンドルバーに設けられたスイッチで、3種類のマッピングを選択可能です。パワーデリバリーのモードを切り替え、このマシンのエンジンキャラクターをいつでも切り替えることが可能です。

Track(T):サーキット用のモード

スロットルのあけ始めからフルパワーを発揮

Sport(S):公道での楽しさを追求したいモード

スムーズでレスポンスの良い制御で走りを楽しむ

Road(R):どんな状況下でも楽しむモード

パワーを和らげ路面状況に関わらず開けやすい制御

ブレーキ

心臓が止まるほどの制動力

APRCに加え公道でのおおきな武器となるABSを装備したRSV4は、より小型軽量化されたブレンボ製ラジアルマウントキャリパーと共に公道での安全性を確保するに留まらず、サーキットでも最高のパフォーマンスを発揮します。アプリリアが名付けた”アドバンスドABSシステム”はABS技術で他の追随を許さないボッシュ社との共同開発によって生まれました。

RSV4 Factory APRC ABS_01

RSV4用ABSユニットはわずか2kg台の重さに控えられており、正に軽量化が使命のスーパースポーツ専用ABSユニットなのです。また”アドバンスドABSシステム”は3つのモードによって制御可能です。

  • レベル1 トラックモード:サーキット走行を想定し、いかなる速度域での激しいブレーキング時においても、可能な限り最大限の制動性能を保証します。このセッティングは「限界に挑む」楽しみから何も奪いません。
  • レベル 2 スポーツモード:ストリートでのスポーツ走行を想定し、車速と連動してリアのリフトアップ軽減システムが作動します。
  • レベル 3 レインモード:グリップの低い路面の走行を想定し、前後タイヤのスリップによる転倒リスクを軽減します。

また、ABS機能をキャンセルする事も可能です。

RSV4 Factory APRC ABS_03

カスタマイズされたブレーキディスクとブレンボの
モノブロック・ラジアルキャリパー

ブレンボ製の新型モノブロックラジアルマウント・キャリパーは、傑出した制動力とすぐれた調整力を持った、レースにおける最高水準のブレーキシステムです。
このマシンのために完全新設計された320mmステンレス製ダブルディスクは非対称の穿孔が施され、薄型化されたことにより前輪を約500g軽量化。最高のレバータッチと正確なコントロールのためラジアルポンプが採用されています。

ブレンボのキャリパーとレース用のマスターシリンダー

同じくブレンボ製のブレーキキャリパーを採用するリアブレーキは、新型の220mmステンレスディスクと2ポッドのキャリパーを装備。レース用のマスターシリンダーは一体化したマスターカップを採用し、ハードブレーキング時においても最高の制動力と調整能力を発揮します。

シャシー

極限の走りをサポート

世界選手権で勝ち続けるべく投入されているRSV4ファクトリーだけに多種多様な調整能力を兼ね備え極限の走りをサポートします。

シート下の燃料タンク

Moto GPのプロトタイプマシンの様に燃料タンクはシート下に置かれています。残量の変化によるマシンバランスとハンドリングへの影響を低減してくれます。

バランスのとれた重量配分

RSV4ファクトリーは前輪52%、後輪48%という本物のレースマシンさながらの前後重量配分を誇っています。また、完璧な重量配分は個々のライダーによって容易にセットアップできる事を意味し、走りの幅を広げる事につながります。

マスの集中化

完全なマスの集中化はRSV4ファクトリーの開発において議論の余地の無い絶対的条件でした。すべての重量物をできる限りエンジン周辺に近づける事によりマスの集中化を図りハンドリングの向上に努めました。その結果比類なきコーナリング性能を手に入れる事に成功しました。

先代のRSV1000を上回る剛性

アルミキャストと独自の押し出し成形技術でアルミニウムを溶接したRSV4のフレームは、高剛性で定評の有った先代のRSV1000を上回る剛性を確保し、スーパーバイクレベルのハイパワーを受け止める事が出来るにも関わらず、フレーム重量10,1Kgと驚異の軽さを実現しております。

バネシタ重量の低減

RSV4 RFのアルミフレームは、コンパクトな車体を実現し、マスの集中化による旋回能力を高めた基本設計に加え、ステアリングステムの角度やスイング アームピボットの高さ、エンジン搭載位置をライダーの好みに調整できる機能を有している市販車唯一のスーパースポーツバイクですが、200馬力を超えるパ ワーを受け止め、ハンドリングとトラクション性能を向上させるためにエンジン搭載位置やステアリングステムの角度は変更を受け、加速時の姿勢を安定させる ためにスイングアームを4mm延長しています。さらにオーリンズ製のショックアブソーバーはセッティングを変更しています。
RSV4 Factory APRC ABS_04

デザイン

本質的要素

RSV4ファクトリーは市販車の中で最もコンパクトで最も革新的、そして美しいスーパースポーツです。このマシンを支配しているもの、それは「勝利への欲求」です。構成しているパーツ一つ一つに無駄なものなど一切ありません。1グラムでも軽く、風洞実験を繰り返し作られたフェアリング等はそんな極限状態の機能追求からうまれた究極のプロポーションなのです。

ダイナミックエアインテークとトリプルヘッドライト

V4エンジンの要求する吸気を与える為大型のエアインテークが必要となりました。このエアインテークはエアボックスを加圧(280kmで約35mbの圧力がかかります)をするだけでなく、フェアリングの下部とヘッドライトの境界となって外観上のポイントとなっております。またヘッドライトは夜間における視認性を高めつつ、ヘッドライトの重さとサイズを最小限になる様デザインされています。またRFモデルでは後方視界を大幅に増したLEDウインカー内蔵バックミラーに変更となりました。

RSV4 RR black (11)

サイズへのこだわり

デジタルとアナログを高いデザインレベルで融合させたインストパネルはライダーの欲求を掻き立てます。CANラインを経由し全ての情報を収集する小型メモリを搭載し常に自己診断を行います。パネルにはLEDのシフトインジケーター・ギアインジケーター・選択中のマッピング・メモリ付きのラップタイム・クロノグラフなどが表示でき常にマシンの状態をは把握することが可能です。細かな所ですがこのアッパースクリーンと止めているボルト1本1本にアプリアの刻印がされています。

APRC

aPRCとは

aPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)とは、数あるアプリリア RSV4 Factory aPRC ABSの中でも最も重要な機能です。レースで培ったノウハウを生産部門に移転する事で直観的に誰にとっても使いやすい、きわめて洗練された電子制御システムが誕生しました。
ライダーは自分の意志で、aPRCシステムのコンポーネントを自由に調整することができます。

ATC(アプリリア・トラクション・コントロール)

APRCパッケージ最大の特長の1つです。アプリリアが保有する特許の1つから作り出された画期的なトラクション・コントロール・システムであり、ラップ・タイムの短縮に挑むライダーをサポートするシステムです。アプリリアが開発した慣性プラットフォームとライド・バイ・ワイヤ・システムのおかげで、ATCはリア・ホイールがスリップした時にトルクを抑えるだけでなく、コーナー脱出時のテール・スライドをライダーが意のままにコントロールできるようにし、リーン・アングルに合った確実なスロットル・コントロール感をもたらします。

アプリリアATCはインストルメント・パネルのメニューからすばやく簡単に起動することができ、8種類のセッティングが用意されています。ATCを起動すると、ライダーは左ハンドル部にあるスイッチを使って、レーシング・トラック、舗装あるいはタイヤの状態に合わせて、いつでも瞬時にセッティングを変更することができます。
その際、レーシングマシン同様、スロットルを絞ったり、両手をハンドルバーから離す必要がありません。したがって、このシステムはすべてのサーキットのコーナー1つ1つに適応し、トップレベルを含めあらゆるライダーの要求を満たすものになるでしょう。

アプリリア・テクノロジーが実現したもう1つの驚異が、このシステムの「学習能力」である。現在あるトラクション・コントロール・システムは、単一のサイズおよびある種類のタイヤを対象として設計され、最適化されています。
その結果、タイヤサイズやメーカー変更によりトラクション・コントロールの多くの利点がしばしば失われることになります。
しかしアプリリア・トラクション・コントロール(ATC)はキャリブレーション(較正)機能を搭載しており、所定の手順を踏むことでタイヤ変更やサイズ変更を行っても、ATCの機能を損ねる事はありません。

AWC(アプリリア・ホイール・コントロール)

アプリリアが特許を独占的に所有するウイリー検知システムにより、ウイリーが始まる瞬間や、ウイリーが終わってタイヤと路面が接触する瞬間を検知して、接触を滑らかなものにします。とてもスムースにウイリーを制御することで、急激なパワーの増減を防止し、加速力を完璧にコントロールすることが出来ます。
このAWCシステムもインストルメント・パネルから起動することができ、他のコントロール・システムから独立して調整することが可能で、ライダーの要求に合わせて3種類のセッティングが選択出来ます。

ALC(アプリリア・ローンチ・コントロール)

スプリントレースにおいて、「スタートを制する物は勝利を半分手にする」といった理念から、パーフェクトなスタートをサポートする機能です。
サーキットにおいて点滅していたシグナルが消えた瞬間、最新のスーパーバイクが発揮する強大なパワーを操るという困難な課題が生じます。
しかしバイク自身がパワーを制御し、ベストなスタートを可能にしてくれるのであれば話は異なります。ALCシステムは、シグナルが消えた瞬間に路面にフルパワーをかけることで電光石火のスタートを演出し、レースで最も重要な瞬間にライダーをアシストするものです。ライダーがやるべきことは、いつも通りにスロットルをフルに開け、クラッチを放し、ギアをシフトするだけです。

ALCには3種類のセッティングがあり、インストルメント・パネルから選択することができます。この機能を使うためには、左ハンドルバーのジョイスティックにある両方のトラクション・コントロール・ボタンを同時に押して、マシンが走り出す前から「準備」しておきます。

AQS(アプリリア・クイック・シフト)

最速ラップ・タイムを他車に奪われたとき、たとえシフティングのような単純な操作における1000分の1秒のタイム・ロスでさえも許されなくなります。原理的には、クイック・シフト・システムは点火進角を一時的に短縮させ、その後徐々に戻していくもので、その結果としてスロットルを絞ったり、クラッチを使ったりすることなく、神業のようなすばやいシフティングが可能になるものです。

このシステムは、新開発の軸間を狭めたギアボックスと組み合わせて使うことで、シフティング中のエンジン回転数の低下を防ぎ、ファステスト・ラップへのアタックをサポートします。AQSのパフォーマンスを最大限引き出すため、アプリリアの技術陣はシフト時の回転数に基づいて、パワー・カット・タイミングにファイン・チューニングを施しています。

 

主要諸元

TECHNICAL SPECIFICATIONS
エンジン アプリリア65°V型4気筒、4ストローク、水冷システム、ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト(DOHC)、1シリンダー4バルブ
使用燃料 無鉛ハイオク
ボア×ストローク 78 x 52.3 mm
総排気量 999.6 cc
圧縮比 13.5:1
最大出力 NA(日本仕様)
201HP(148kW)/ 13,000rpm(本国仕様)
最大トルク NA(日本仕様)
115Nm/10,500rpm(本国仕様)
スターター 電気式
燃料供給方式 フロントダイナミックエアインテーク付きエアボックス。ECU制御による可変長インテークダクト。ウェーバー・マレリ製48 mmスロットルボディ4個、インジェクター総数8、最新鋭ライドバイワイヤエンジン制御システム。走行中もライダーによる選択が可能な3種類のエンジンマッピング:T(トラック)、S(スポーツ)、R(ロード)
イグニッション マニエッティ・マレリ製のエンジン制御システム組込式デジタルエレクトロニックイグニッションシステム、1シリンダー1スパークプラグ、「スティックコイル」型コイル
エキゾーストシステム 4 to 2 to 1レイアウト、シングルO2センサー、エンジン制御装置によって制御されるバタフライバルブと組込型三元触媒コンバーター(ユーロ3規制適合)付きラテラルシングルマフラー
オルタネーター フライホイール取付型レアアース磁石付き450Wオルタネーター
潤滑方式 オイルラジエーターおよび(潤滑用および冷却用)2つのオイルポンプ付きウェットサンプ潤滑システム
トランスミッション 6速カセット式
アプリリアクイックシフト(AQS)付フルクロスレシオ
1速: 39/15(2.600)
2速: 33/16 (2.063)
3速: 34/20 (1.700)
4速: 31/21 (1.476)
5速: 31/23 (1.348)
6速: 34/27 (1.259)
クラッチ 機械式スリッパ―システム付湿式多板クラッチ
一次減速比 73/44 (1.659)
最終減速比 41/16 (2.562)
トラクション制御 APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)システムには、それぞれ独立して設定および機能停止が可能なトラクションコントロール(ATC)、ウイリーコントロール(AWC)、ローンチコントロール(ALC)が含まれます。
シャーシ キャスティングと加圧成形によるツインスパーアジャスタブルアルミ製フレーム 調整想定箇所:
●ヘッドストックポジションおよびレイク
●エンジンの高さ
●スイングアームピンの高さ オーリンズ製アジャスタブルステアリングダンパー
フロントサスペンション オーリンズレーシング製倒立フォーク、支柱φ43 mm(Tin表面処理)。ロープロファイル鍛造アルミ製ラジアルキャリパーマウンティング。フルアジャスタブルスプリングプリロード/油圧式コンプレッション&リバウンドダンピング。ホイールストローク長:120 mm
リアサスペンション 2重アルミ製スイングアーム:混合薄厚およびシートキャスティング技術
オーリンズレーシング製モノショックピギーバックタイプ
フルアジャスタブルスプリングプリロード/ホイールベース/油圧式コンプレッション&リバウンドダンピング。
APSプログレッシブリンケージ。ホイールストローク長:130 mm
ブレーキ フロント:
軽量ステンレススティールローターおよびアルミフランジ(6ピン)付φ320 mmデュアルフローティングステンレススティールディスク。ブレンボ製モノブロック34 mm 4ピストン対向式ラジアルキャリパー。シンタードパッド。ラジアルポンプおよびメタルメッシュブレーキホース。3レベル+OFFモード選択式電子制御スポーツ
ABSリア:
φ220 mmディスク、ブレンボ製32 mm並列2ピストンフローティングキャリパー。一体型タンクおよびメタルメッシュホース付きポンプ。 3レベル+OFFモード選択式電子制御スポーツABS
リム アプリリア鍛造アルミ合金リム、完全機械加工、5スプリットスポーク。
フロント:3.5"×17"
リア:6"×17"
タイヤ 最大長:2,055 mm
最大幅:735 mm(ハンドルバー)
最大高:1,120 mm
最低地上高:130 mm
シート高:840 mm
センター間距離1,435 mm
トレイル:105 mm
ステアリング・アングル:24.5°
車両重量 180Kg
燃料タンク容量 18.5リットル(リザーブ4リットルを含む)
カラー Replica
  • カンタンお見積り依頼はこちらから
  • FAXでのお問い合わせは 042-454-8594

ご注文前にお読み下さい

車両本体価格

車体本体価格の他に車両陸送費、納車整備料、登録手数料、登録に関する法定費用、 自賠責保険など諸費用が別途必要となります。

お見積りご依頼について

乗り出し価格に関してのお見積りをご希望の場合は店頭にて直接、又はメール(※)、FAXにてご請求下さい。その際にご希望のボディカラー等ご希望がありましたら合わせてお伝え下さい。また、お見積りご請求の際は必ずお名前、ご連絡先を明記の上お願い致します。明記の無い場合はご返信致しかねますので宜しくお願い致します。

※ご注意ください
メールにてお見積り依頼頂く場合は基本PCからのメールでお願い致します。お見積り書はPDF形式にて添付させて頂きますので携帯電話から頂いたメールのご返信には添付出来ません。ご理解の程宜しくお願い致します。