MOTOGUZZI V7ⅡSTONE

MOTOGUZZI V7ⅡSTONE

価格 : ¥1,098,000

カラー : ルビードブラック・マットイエロー・マットレッド・マットグレー

∨7に新たなレジェンドが加わりました。

全世界で愛されるV7シリーズに新たにV7 Ⅱが誕生致しました。
04 V7 II range

最早完成の域に達していたV7ですが、より安全に、よりアグレッシブにV7を楽しんで頂く為にABSとトラクションコントロールの2つのセーフティーデバイスを装備。

49 V7 II Stone

また、フレーム・ディメンションも見直され操作性の向上や足つき性の向上もしております。

33 V7 II Stone

更に流石に旧態然としていたギアボックスは全面的な新設計となり遂に待望の6速化。クラシカルテイストなシフトフィーリングの旧V7と比べシフトストロークも小さくつま先だけで小気味よくギアシフトが可能です。それによりクロス化されたギアを駆使し更に心地よくワインディングを駆け抜けることが可能となりました。

02 V7 II range

 

クラシカルなテイストはあくまでそのままに進化したV7Ⅱを是非!

旧V7からの主な変更点は以下の通り。

1)エンジンを旧モデルに比べ4度前傾させて搭載。いままで少々窮屈だった膝周りに余裕が生まれライディング・ポジションの自由度が上がりました。

2)シート高が15ミリダウン。(805ミリから790ミリへ)。これにより足つき性が向上し女性や小柄な男性でも安心してお乗り頂けます。(よりローダウンをご希望の場合は当店オリジナルのローダウン・エディションをご用意しております。)

3)フットレスト位置が25ミリダウン。シート高の変更に合わせフットペグ位置も下がりました。

4)デュアルチャンネル・ABSシステム搭載。最早説明の必要もないABSですが遂にV7にも搭載されブレーキング時の安全性が向上しております。

5)トラクション・コントロールの搭載。雨天時や不整地などでのグリップ低下をカバーするアシストシステム。

6)6速ギアボックスの採用。よりクロスしたギアレシをにて加速性能の向上。エンジンパワーを無駄なく効率よくお使い頂けます。

7)エンジン搭載位置を10ミリ下げ、新設計ギアボックスによりドライブシャフト接続部が50ミリダウン。これによりハンドリングの向上と加速時のテールリフトを下げることに成功しました。

  • カンタンお見積り依頼はこちらから
  • FAXでのお問い合わせは 042-454-8594

カラー

ルビードブラック

26 V7_II_latdx-Nero Ruvido

マットイエロー

18 V7_II_latdx-giallo denso

マットレッド

30 V7_II_latdx-Rosso Impetuoso

マットグレー(受注生産)

22 V7_II_latdx-Grigio Intenso

エンジン

パワーアップを果たした伝説のスモールブロック・エンジン

ph_04-300x253一見しただけでの外観上の大きな変化は見られないNEW V7ですが、その大半を新造したエンジンは50HP/6200rpm、60Nm/2800rpmと厳しい排ガス規制をクリアしつつ前モデル比で20%以上 のパワーアップを果たしています。 もちろん、V7は決して最高出力で語るモーターサイクルではありませんがより快適で余裕の有るライディングへ貢献するのは明らかです。 左右に突き出したシリンダーはGUZZIのアイデンティティであり、新造されたエンジンで一番目を引くフルカバードされたタペットカバーは転倒時にプラグ キャップを破損させてしまう危険視を防ぎ外観上一番のアクセントにもなっています。 ま た今回一新された吸気系統はスロットルボディをシングル化する事によってより管長の長いマニフォールドを形成しアイドリング、左右バンクのバランスの安定 化を実現。パワーアップと共にトルクフルで扱い易いエンジンフィーリングを生み出しています。更に冷間時の始動性も大変向上しました。 MOTOGUZZI V7 シリーズに乗れば縦置きVツインのみが有する躍動感をご堪能頂けます。

主要諸元

TECHNICAL SPECIFICATIONS
エンジン 4ストローク空冷90°V型2気筒OHV2バルブ
総排気量 744cc
最高出力 35kW(48 PH)/6,200rpm
最大トルク 60Nm/2,800rpm
クラッチ形式 乾式単板クラッチ
トランスミッション 6速リターン
車体サイズ 全長2,185ミリ
全幅800ミリ
全高1,115ミリ
シート高 790ミリ
タンク容量 22L
車重 189kg(ガソリン以外の油脂類全て含んだ重量)
  • カンタンお見積り依頼はこちらから
  • FAXでのお問い合わせは 042-454-8594

ご注文前にお読み下さい

車両本体価格

車体本体価格の他に車両陸送費、納車整備料、登録手数料、登録に関する法定費用、 自賠責保険など諸費用が別途必要となります。

お見積りご依頼について

乗り出し価格に関してのお見積りをご希望の場合は店頭にて直接、又はメール(※)、FAXにてご請求下さい。その際にご希望のボディカラー等ご希望がありましたら合わせてお伝え下さい。また、お見積りご請求の際は必ずお名前、ご連絡先を明記の上お願い致します。明記の無い場合はご返信致しかねますので宜しくお願い致します。

※ご注意ください
メールにてお見積り依頼頂く場合は基本PCからのメールでお願い致します。お見積り書はPDF形式にて添付させて頂きますので携帯電話から頂いたメールのご返信には添付出来ません。ご理解の程宜しくお願い致します。